You are here: ホーム -> サービス -> 審査員紹介

審査員紹介


当社の審査チームは、木材、ゴム、石油及び鉄鋼等素材産業、金属加工、特殊工程及びプラスチック加工等加工業、土木及び建設等、精密機械、自動車、造船及び航空機等組立産業、IT技術、ソフトウエア、輸送、卸売等サービス業等の種々の産業界で豊富な経験を積んだ経営者、管理者、技術者及び技能者等で構成しています。審査チームを構成するこれら審査員の一端を紹介します。

審査員Y (品質マネジメントシステム主任審査員、環境マネジメントシステム主任審査員)

Y氏は、長期に亘り航空業界に身を置き、航空機及びエンジン等関連部品の設計、並びに溶接、熱処理、表面処理、接着、防食処理及び非破壊検査等の要素技術の研究・改善、生産工程の改善・効率化等生産技術(IE)の改善に従事してきました。
特に、米国ワシントン州シアトル市のボーイング社において、B767の3国(米国、日本及びイタリヤ)共同開発に従事、B767の燃料タンクからエンジンまでの推力システム(Propulsion System)を担当 、1981年の初フライト後は、ボーイング材料研究所(BOEING Material Technology)において、ジュラルミン等の航空機材料の腐食・防食研究に従事し、成果を上げ、ボーイング社より高い評価を得ました。帰国時には、記念品(B747モデル)及び材料研究所の同僚達より、研究に使用したテストピースを埋め込んだ同僚達の署名入り特製ペンスタンドを贈呈されました。
現在、これらの経験を生かし、「自然な仕組みと考える集団作り」をキャッチフレーズに精力的に審査に励んでいます。

信条:無為自然


審査員O (品質マネジメントシステム主任審査員)

O氏は、日本有数の製鉄会社において、製鉄業の生産技術、製造技術及び生産計画・管理業務の効率化等に長年にわたって携わり、豊富な経験のもと多大な貢献をしてきました。
その後、数社の審査登録機関において、自ら審査を担当する傍ら、機関の教育部長として審査員の教育・育成に尽力。また、審査部長として認証審査全般の管理及び顧客の組織運営の改善に寄与してきました。
現在は、QMS審査員として多くの組織の認証審査を実施しています。

方針:リスクアセスメントを含む規格適合性の向上及び格段の顧客満足の向上


審査員W (品質マネジメントシステム主任審査員、環境マネジメントシステム主任審査員)

W氏は防衛省航空自衛隊で各種通信、航空保安管制レーダー等、自動警戒管制システムの運用、整備及び品質管理関連の各級部隊の指揮官及びスタッフ業務に従事し、その後、国内屈指のタイヤメーカーに移り、宇宙機器、航空機及び艦船関係の構成部品の品質保証、並びに協力会社の技術指導及び品質監査等に従事しました。
現在はこれらの経験、専門性を生かし、QMS審査員、QMS/EMS及び幹部教育等含む広い分野のコンサルタントとして活躍しています。

方針:判り易い丁寧な審査を通して、仕事の仕組みの改善